当社のバイオガスシステムが『農経しんぽう』へ掲載されました

当社が発売元となっている小規模分散型のバイオガスシステム
【BIO-DOME BD–15】が、65年続く農業業界専門紙『農経しんぽう』へ掲載されました。
(2018年6月25日発行)

当社のバイオガスシステムの原料は
豚糞尿、牛糞尿、食品残渣、野菜くず、稲わら、もみ殻 等に対応。
大小様々なサイズを取り揃え、メタン発酵システムで低コスト化を実現しています。
酪農家や農家、食品工場などで問題になっている廃棄物処理と運送費等を解決、
さらには電力、肥料等を生み出します。

これからの再生可能エネルギー事業として注目を集めるバイオガス発電事業に、
プロスペックホールディングス株式会社は、農業と連動した地域循環型のエネルギーシステム形成を目指し、精力的に取り組んで参ります。

当社バイオガス発電事業に関する詳細は、事業ページ(バイオガス)をご覧ください。
資料請求等のお問い合わせもお待ちしております。

バイオガスシステム BIO-DOME BD-15